スポンサーリンク

レギュラーはどれ?!マレーシアのガソリンスタンド

今回はマレーシアのガソリンスタンドで「お金はどうやって払うの??」「レギュラーはどれ?!?!」と戸惑った経験を生かして(笑)、マレーシアのガソリンスタンドの利用方法をご紹介したいと思います。

マレーシアのガソリンの種類

日本だと軽油・レギュラー・ハイオクですよね。
それが、マレーシアではこんな感じです。

上から順に、V-Power97,FuelSave95(Unleaded95),V-Power Racing,Fuel Save Diesel Euro 5と並びます・・・。

レギュラーはどれ?

結論からいうと一番左端の「Unleaded95」が日本でいうところのレギュラーガソリンになります。

これがわからず、マレーシアに来て初めてガソリンスタンドに来たとき、ネットで必死に15分以上も検索して、答えを見つけました。(笑)

間違ったら、車の故障にもつながりますからね。

ただでさえ、マレーシアの交通マナーは日本と比べて良いとは言えないので、運転中に車が故障・・・なんて考えただけでも恐怖です。

「Unleaded」というのは、無鉛という意味で、「無鉛ガソリン」というのが、所謂レギュラーに相当しましす。
※ちなみに、「有鉛ガソリン」は環境への負荷が大きく、今は自動車用への販売は禁止されています。

レギュラーのノズルは何色?

日本のガソリンスタンドでは、赤=レギュラー、黄色=ハイオク、緑=軽油とノズルの色でガソリンの種類を見分けることができますが、
マレーシアではノズルの色はお店によって違うこともあるらしく、「黄色いノズルがレギュラー」と覚えてしまうのは危険です。
必ずガソリンの表記(Unleaded95となっていればOK)を確認しましょう。

ちなみにハイオクは「97」の表記があるものになります。
※写真では緑色のノズルのもの。

この95とか97という数字はオクタン価を表しています。
※オクタン価についても簡単にこのブログで説明できれば・・・と思い、いろいろ調べてみたのですが、なかなか誰でも分かるように簡単に説明するのは難しいので、詳しい説明はここでは割愛させてください。(笑)

お金の払い方

次に支払い方法を確認しましょう。

この機械には、現金を入れるところがありません。ガソリンカードもしくはクレジットカード、銀行のデビットカードが必要です。

しかし、現金しか持っていない場合は、どうすれば良いのでしょうか?

現金で支払いたい場合は、↓の写真のような有人の窓口に行って、お金を払います。

払った分だけ、給油できるようになります。

車種などにもよりますが、普通車で燃料が残り30%~40%なら大体、RM 30程度で満タンにできます。

まとめ

こうやって、ブログにしてみると、なんであんなに時間かかって戸惑ってたんだろう??と自分でも思いますが、初めてのことだと、なんでもすぐには分からなかったりしますよね。

このブログが少しでも誰かの役に立てば幸いです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ジュンパ ラギ★
またね★

コメント

タイトルとURLをコピーしました