スポンサーリンク

マレーシアの運転初心者が心得ておくべき3つのポイント

私は普段、プライベートのみならず、仕事でもマレーシアで車運転していますが、マレーシアに来たばかりの頃は、日本とは異なる交通ルールやマナーにとても戸惑っていました。

今回は、マレーシアに移住したばかりの頃に運転で気を付けていた3つのポイントを、皆さんにシェアしたいと思います。

複数車線があるとき、1番左側の車線ではなく、真ん中の車線を走る

日本では、複数車線があるとき、初心者が左側を走るのは基本中の基本ですよね。

右側は追い越し用にあけておく、慣れていないなら、とにかく左を走り、右側はあけておく、そんなイメージがあると思います。

しかし、これはマレーシアでは通用しません。笑
マレーシアには日本では見られないラウンド・アバウトや急な右左折専用レーンがある道路が多いのです。

左車線にいると、曲がりたくないのに、気づいたら、左車線は曲がるレーンになっていて、カーブに吸い込まれてしまうという現象が起こります。

右車線も同様で、さらに右車線の場合は、日本にはないUターン専用のレーンになっていることがあります。

気づかずに走行しているとせっかく来た道を引き返すことになることもあります。笑
また、マレーシアでは、右も左も縦横無人にバイクが走っています。また、

車線数の多い道路だと、左右から車線変更してくる車がいて、左右1番端の車線を走っていると、避けるところがなく、怖い思いをすることがあります。
真ん中のレーンを走っていれば、とりあえずどちら側にも避けられるので安心です。

車線変更、右左折の際は必ず、三点確認を行う

まず、みなさん!!
三点確認って何か思い出せますか?笑
そう!教習所で習ったアレです!!
①バックミラー②サイドミラー③目視の3点の確認のことです。
マレーシアに来てから、「日本の教習所の教育って本当によくできてるなー」なんてしみじみ感じたりします。
なぜ、マレーシアに来てしみじみ、この三点確認が大事だと感じたかというと、やはり、バイクの多いからです。

東南アジア諸国の中では、マレーシアはとりわけバイクが多い方ではありませんが、やはり日本と比べると、各段にバイクの数が多いです。

こんな風にマレーシアはいつも渋滞がひどいのですが、渋滞の間を縫って、バイクがビュンビュン通っていくので、とても怖いです。

車のドライバー目線で見ると、バイクって小さくてちょこちょこ動くので、見落としやすいですよね。

死角にも入りやすいです。
ということで、バックミラー、サイドミラー、目視でバイクの有無を確認することが重要です。

バイクの有無だけでなく、危険な動きをしている車(猛スピードで走っている車や積荷が落ちてきそうな車)が近くにいないかも合わせて確認しましょう。

安全確認ができてから、落ち着いて、車線変更・右左折をすることをオススメします。

路面が多少デコボコしていても、デコボコを避けない!!

皆さん、まずこちらの意味、お分かりいただけましたかね??笑
デコボコ??避けない?
んんん??
と感じる方が多いかなと思いますが、マレーシアは日本の道路と違って、舗装が本当にいい加減なんです!!
大都会・クアラルンプール市内の道路や有料の高速道路でさえも、突如、舗装が剥がれていてデコボコ、というか穴ぼこのようになっている道路が出現します。

こちらがデコボコの証拠写真。


この穴ぼこですが、大半がそのまま通っても問題ありせん。(と言っても、通ったとき、ガタンと結構な衝撃がくることはあります)

しかし、舗装の悪いところを何度も通っていると、パンクの原因にもなりますし、車も傷みますよね。。
なので、あ!!デコボコだ!!と思ったら、少し、左右に車を振って避けたくなるところ・・・だと思うのですが、、、ここでもやはりバイクが気になります。
穴ぼこを見つけてから、車を左右に振るまでに先程の「三点確認」ができるのであれば、問題ないのですが、多くの場合、その余裕はないと思います。
そうなったとき、車を左右に振った瞬間、後ろから来ていたバイクと衝突!!ということになりかねないのです。

マレーシアのルールではバイクがどんなに無謀な運転をしていようとも、車対バイクの事故では、車が100%悪くなります。

また、こちらでは年中暖かい気候のせいもあってか、とても軽装でバイクに乗っている人が本当に多いです。

半袖・半ズボンはもちろん、足元もビーチサンダルだったりします。。。
(たまに、ノーヘルの人も見かけます・・・)

もし、そのような状態でバイクがこけてしまったり、車にぶつかりでもしたら・・・考えるだけでも恐ろしいです。

バイクに乗るときは、長袖、長ズボン、手袋をして乗るだけでも、こけてしまった場合のダメージは全然違うと思うんですよね。
半袖でバイクに乗っていて、もし、こけてしまったら、肌がズル剥けになってしまうと思います。。

恐ろしい・・・。

+α:道を間違えても焦らない!慌てない!

これも実はとても大事なポイントです。

前述のように、マレーシアの道路は、端のレーンが突如右左折専用レーンに変わることがあり、曲がりたくないのに、曲がらざるを得なくなったりして、慌てることがあります。

また、バイクや車が次々来て、車線変更できなかったのにうまくできず、曲がりたいのに曲がれなかった、という場合も出てくると思います。

しかし、そんな時は、慌てず、そのまま間違えてしまいましょう!笑

間違えても、カーナビアプリ”WAZE(ウェイズ)”がまた新しいルートを組み立ててくれるので、それに従えばOKです。

慌てて事故を起こしてしまっては、もっと時間がかかるだけでなく、自分や相手の身体を傷つけたり、命を奪ってしまうことにもなりかねません。

運転に焦りは禁物です。

まとめ

総合すると、バイクに注意ということ、右左折専用レーンが多く、車線変更をしなければならないことを想定しながら運転する、がキーポイントになってくるかなと思います。
いろいろとネガティブなことばかり書いてしまいましたが、安全運転を心がければ、マレーシアでも快適なドライバーライフが送れます。

注意はしつつもドライブを楽しみたいですね★

この記事が少しでもみなさんの安全運転の参考になれば、幸いです。

私も今後も、安全運転に努めたいと思います★



本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ジュンパ ラギ★
またね★

コメント

タイトルとURLをコピーしました