マレーシアの保険を3社比較!オススメの保険会社をご紹介!
マレーシアの保険を3社比較!オススメの保険会社をご紹介!

マレーシア移住を考えている人、現地採用で働いている人にとって気になることの1つが「保険」だと思います。 自動車保険に医療保険、生命保険など検討すべき保険はいくつかありますが、今回は医療保険と生命保険の2つにフォーカスして […]

マレーシアでダイエット★オススメのチェーン店3選!
マレーシアでダイエット★オススメのチェーン店3選!

「海外生活は太る」と言われていますが、マレーシアも例外ではなく、マレーシアに移住してから数年で10kg太った・・・などという人も周りにけっこう見かけます。。。 マレーシア料理はナシ・ゴレンやホッケンミーなど、ご飯・麺類の […]

マレーシアでマレー語は必要か?在住者が考察してみた
マレーシアでマレー語は必要か?在住者が考察してみた

マレーシアに住んでいると、「マレーシア語も話せるの?」「私も移住してみたいんだけど、やっぱりマレーシア語も話せた方がいい?」こんな質問をよく受けます。 マレー語の必要性について、私の独断と偏見でこの質問にお答えしたいと思 […]

マレーシアの運転初心者が心得ておくべき3つのポイント
マレーシアの運転初心者が心得ておくべき3つのポイント

私は普段、仕事・プライベートで毎日のように車を運転していますが、やはり日本とは異なる交通ルールやマナーがあるなと感じています。 (日本の交通マナーと比べて、荒いなと感じることもあります。) 今は、だいぶ慣れて、苦なく運 […]

マレーシアのプチプラコスメ!日本未上陸のコスメブランド6選!
マレーシアのプチプラコスメ!日本未上陸のコスメブランド6選!

マレーシアに限らず、海外に移住した女性にとって現地のお化粧品事情というのは気になることの1つだと思います。 マレーシアでは、日本のお化粧品も比較的たくさん手に入りますが、輸入品となるので、日本で買うよりどうしても高くなっ […]

previous arrow
next arrow

ANAレビューブログ!羽田・成田⇄クアラルンプール!機内食もご紹介!

スポンサーリンク
旅行

先日、羽田⇄クアラルンプール、クアラルンプール発成田便を利用しました!

搭乗レビューはもちろん、羽田⇄クアラルンプール、成田⇄クアラルンプールと東京⇄マレーシア間の全日空直行便を何度も利用してきた経験から、機内食や荷物の重量制限の厳しさなど、役立つ情報をたくさんお届けしたいと思います!

預け荷物&機内持ち込みの重量について

エコノミークラスですと、預け荷物は合計1個当たり23kg、合計2個46kgまで、追加料金なしで預けることができます。

機内持込みの荷物は身の回り品(小さなハンドバッグ程度のイメージ)と手荷物(ボストンバッグや小さめのキャリー)を合わせて合計2つ(HPによると手荷物としては1つ)で10kgまでとなっています。

重量チェックの厳しさは対応する係員にもよりますが、ホームページによると、重量オーバー、サイズオーバーになってしまった場合、国際線では6,000円〜の超過手荷物料金(追加料金)が取られるようです。

しかし、事前の追加は手荷物しか受け付けられておらず、実質的には空港カウンターで測った重さが多少超過している場合であれば、見逃してもらえるのかもしれませんね。(筆者の周りでは、多少のオーバーは許してもらえるという噂も・・・)

ただし、超過料金を取られると、上記の通り、非常に高額になるので、規定重量内に収めることをオススメします。

機内食

これまでに東京(羽田・成田)⇄クアラルンプール間で提供されたエコノミークラスの機内食です。

お味はどちらも特別美味しい!ということはなく、期待はNGかなと思いますが、美味しくいただきました。

夕食

マレーシア・クアラルンプール発羽田行の夕食

朝食

マレーシア・クアラルンプール発成田行きの朝食

上記のメインのお料理とは別にクアラルンプール発成田行きでは、朝から夕方にかけてのフライトだったので、少ししっかりめの軽食として、サンドイッチも提供されました。

機内は寒い?!

東南アジア方面への路線では、機内が寒い場合があります。

機内が寒いのは、LCCあるあるなので、ANAでは今までそのような経験はありませんが、女性や冷え症の方など、心配な方は、念の為、機内で着用するためのフリースや裏起毛のトレーナー、セーターなど機内用の防寒具を持参することをオススメします。

持っていなくて寒さを感じる場合は、遠慮せずにCAさんにブランケットを借りるようにしましょう。

女性などは足元も冷えると思いますので、サンダルなど、現地に適した服装だけでなく、機内は冷えにくいようにスニーカーで搭乗するなど、具合が悪くならない対策をしておくと良いでしょう。

まとめ:たくさんの荷物でも安心!座席も広々で快適!

LCCと違って、ANAでは追加料金なしで合計46kgもの受託荷物を預かってもらえるのが魅力的です。

また、座席は、羽田⇄クアラルンプール間のエアアジアxの座席前後の間隔30インチ(約78cm)以上となっているのに対して、成田⇄クアラルンプール間のANAのシートピッチは34インチ(約86cm)となっています。

参考:ANA/エアアジアx

やはり、エアアジアの方がなんとなく、座席が狭い感じがしますが、その通りのようです。

東京⇄クアラルンプール間は6時間〜7時間程度の飛行時間となり、実質的にほぼ丸一日が移動になる程度のフライト時間となりますので、やはりその間快適に過ごせるかどうかは大きいです。

時期やタイミングにもよるものの、エアアジアとANAやJALの航空券代は1.5倍以上はすることが多い印象です。

しかし、その分、荷物がたくさん預けられたり、座席が快適だったりと相応のサービスとなっていると思います。

エアアジアに関する記事はこちらをご覧ください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

旅行海外旅行
スポンサーリンク
シェアする
Chiiiii7をフォローする
Chiiiiis KL Life & Trip/ちーのKL生活&旅行記

コメント