スポンサーリンク

名門!イースタンアンドオリエンタルホテル:アフターヌーンティー

先日、ペナン島のイースタンオリエンタルホテルに宿泊し、アフターヌーンティーを楽しんできました!イギリス統治自体の影響もあってか、伝統的な本場イギリスのアフターヌーンティーに近い、本格的なアフターヌーンティーを楽しめます。

アフターヌーンティー会場レストラン:Palm Court(パームコート)

会場のパームコード

アフターヌーンティーはイースタン&オリエンタルホテルの本館ヘリテージウィング1階のパームコートというレストランで楽しむことができます。

アフターヌーンティーは金・土・日曜の3時から5時まで開催されています。それ以外の時間帯はレストランやバーとして利用が可能です。

価格

今回は、宿泊の予約とセットで行ったので、割引が適用されて、2人でRM166(税・サービスチャージ込/シャンパン無)でした。

ただ、そもそも1人RM88(税・サービスチャージ込/シャンパン無)なので、宿泊客料金と一般料金はあまり変わりません。

アフターヌーンティーのメニュー

アフターヌーンティーは紅茶のみメニューがあって、以下から選べます。

イングリッシュ・ブレックファーストやアールグレイ、ダージリンなど、”アフターヌーンティーらしい”紅茶だけでなく、チャイティーやジャスミンティー、カモミールティーや日本の煎茶など多種多様な”お茶”から飲み物は選べる印象です。

フードはケーキやサンドイッチ、スコーンなど、決まった内容のものが出てきます。

アフターヌーンティー・実食!!

お料理(フード)

こちらが、みんなの憧れEastern&Oriental Hotel@のアフターヌーンティーです!!

最上段目:スコーン

シンプルなプレーンスコーンとレーズンスコーンです。バターやジャム、ホイップクリームをつけていただきます。

中段:サンドイッチ

サーモンとピクルスの載ったオードブルにきゅうりとトマトの野菜サンド、キッシュ2種類、たまごのバターロール、ツナサンド&野菜サンドと盛り盛りです。

最下段:ケーキ

チョコレートケーキにフルーツケーキ、レッドベルベットケーキにミルフィーユ、フルーツタルトとこちらもスイーツ三昧です。

紅茶

飲み物の紅茶はパリとダージリンティーを選びました。

紅茶はポットで運ばれてきます。適宜お湯を足してもらうことができます。
ダージリンティー
パリ

アフターヌーンティーのマナー・E&Oホテルは厳しい?!

服装

ペナン島はビーチリゾートとして有名でなので、こちらのアフターヌーンティーに来る予定の方はビーチリゾートの延長でいらっしゃる方が多いと思います。サンダル履きやワンピーズはNGでは・・・と心配になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

結論から申し上げますと、私たちが行ったときの周囲のお客さんの服装は皆さん、かなり自由でした。(短パンやTシャツ、クロックスなどサンダル履きの方も見受けられました。)

ただ、Eastern&OrientalHotelの公式HPには「スマートカジュアルで」と書かれていますので、気になる方はサンダルではない靴や長ズボン、ポロシャツなどを持って行くといいかもしれません。女性であれば、キレイ目のワンピースとミュールでもOKかなという気がしました。

アフターヌーンティーの頂き方

一般的なマナーでは、アフターヌーンティーは最下段→中段→最上段の順でいただくこととなっているようですが、順番通りに召し上がっている方は皆無でした(笑)

皆さん、食事系のサンドイッチから攻めたり、スコーンから食べたり、最初っからスイーツに手を伸ばしたりと、かなり自由でした。

というか、通常最下段がサンドイッチ、中段がスコーン、最上段がケーキなどスイーツと盛り付けられていて、食事系から入ってスイーツで締められるように盛り付けられているようです。

今回の盛り付けに従うとしょぱなからスイーツになってしまうのでやや??となりますよね。

そもそも提供するホテル側も、あまり食べる順番などを気にしておらず、自由にお客さんが楽しめる食べ方で食べてもらえばいい!と思っているのかもしれませんね。

まとめ

はじめてのアフターヌーンティーがこちらのEastern&OrientalHotelでのアフターヌーンティーとなりましたが、優雅な気持ちで紅茶と食事を楽しむことができました!

サンドイッチやケーキなど食事ももちろん美味しかったのですが、やはり紅茶が香りも良くて、とても美味しかったです。

ただ、ご覧の通り、内容がボリューミーで量がとても多かったです。

私は朝ごはんをパン1つととても軽めにして、お昼はなしでこちらに来たのですが、それでも夜ご飯がほぼいらないくらいおなかがいっぱいになりました。

女性であれば、お昼はなしにするなどかなりおなかをすかせてから、こちらに来ることをオススメします。

(横の席に、デートでどこかのレストランでランチを済ませてきたであろうカップルがいたのですが、男性も女性もまったくフードにてがのびていませんでした。)

クアラルンプール市内では、リッツカールトンやマンダリンオリエンタルホテル、マジェスティックホテルのアフターヌーンティーが有名なので、そちらもまたトライしてみたいなと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ジュンパ ラギ★またね★

追記:宿泊記&朝食レビューはこちら!!

宿泊レビューでは、客室はプール&ジムなどのホテルの設備、朝食レビューでは、メニューも含めて詳しくご紹介しています。

こちらの記事もご興味がございましたら、是非お読みください♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました