ビザ取得予定者必見!マレーシア★シングルエントリービザ取得時にオススメの宿泊情報

スポンサーリンク

スラマッ マラム★

こんばんは★

今日はマレーシアのシングルエントリービザを取得予定の方にオススメの宿泊エリア、具体的なホテルをご紹介したいと思います★

シングルエントリービザって何?っていう方はこちらの記事をご覧ください★

1.はじめに

別の記事でもご紹介しているとおり、シングルエントリービザを取得するためにはマレーシアに出発する前に、マレーシア大使館(@東京・渋谷)に行く必要があります。

地方在住者にとっては、居住地⇒東京の時間や旅費はバカにならないので、できるだけ便利でお金がかからない利便性の高い宿泊先を選定したいですよね。

今回は、シングルエントリービを取得して、そのままマレーシアへ出発!!することを前提として、マレーシア大使館および空港(羽田・成田)へのアクセスが良くて、コスパが良いオススメの宿泊エリア・ホテルをご紹介していきます。

2.オススメの宿泊エリア

ズバリ!!オススメの宿泊エリアは浅草です!!

以下、浅草をオススメする理由です。

①マレーシア大使館@渋谷まで乗り換えゼロでアクセス可能!

浅草はマレーシア大使館のある渋谷に乗り換え無しでアクセスできます。

浅草⇔渋谷は東京メトロ銀座線1本で約40分、片道242円です。

慣れない移住準備はもちろん、

②羽田空港まで乗り換えゼロでアクセス可能!

マレーシア大使館だけでなく、羽田空港へも乗り換えなしでアクセスが可能です。

浅草⇔羽田空港は都営浅草線1分で約50分、片道545円です。

マレーシアへの移住前、スーツケースも結構重いのではないでしょうか?

大使館へ行く際は荷物をホテルに置いておくとしても、空港まではスーツケースをもっていかざるを得ないので、移住前の重いスーツケースを考えると、空港まで乗り換え無しでアクセスできる場所のホテルを宿泊するのは結構重要です。

③成田空港まで乗り換えゼロでアクセス可能!

成田はやっぱり都内から遠いので、個人的には羽田空港からの出国をオススメしますが、成田空港から出国する場合も、浅草からは乗り換えなしでアクセス可能です。

浅草⇔成田空港も都営浅草線1本で約75分、片道1302円です。

④移住前に最後の観光を満喫できる!!

マレーシアに移住すると、和食や日本らしい町並み・・・などなどとても恋しくなります(泣)

ご存知のとおり、浅草は観光名所としても有名で、浅草寺を観光して、名物の天ぷら、そば、どら焼きを食べて・・・などなど最後に「日本」を満喫することができます。

雷門に・・・

浅草寺・・・

スカイツリーも見えます!!(この日は曇っていて写真が悪いですが・・・)

マレーシアではなかなか味わえない、サクサクの天ぷらも楽しめます。

③お手頃価格の宿泊施設が多い

浅草は東京23区の中でも下町のエリアになり、地価が安めです。

ビジネス需要も少ないので、マレーシア大使館のある渋谷などと比べると、比較的安価なホテルが見つかりやすいです。

渋谷に宿泊しようとすると、ビジネスホテルでも1万円を超えてくると思いますが、浅草なら7000円~8000円程度で見つけることができると思います。

※ホテルの価格は時期、曜日に多く左右されますので、価格はこれに当てはまらないこともありますが、ほとんどの場合で、渋谷より浅草の方が安く宿泊できます。

3.オススメのホテル

上記を総合すると、オススメのホテルは”浅草のビジネスホテル”となりますが、

具体的にどんなホテルがホテルがあるかと言うと、こちらです!!

上記の記事で紹介している通り、やや老朽化が感じられるホテルではありますが、立地が便利なのと、宿泊日(平日)の2日前に予約して6100円と格安だったので、個人的には満足しています。

東横インやスーパーホテルなどの人気のビジネスホテルは東京で2日前に予約だと取れないことが多いので・・・もし空いていたら、東横インとスーパーホテルもオススメします。

移住前、日本を離れる寂しさを感じつつ、移住前の最後の大仕事・シングルエントリービザの取得をこなしつつ、結構ハードな状況に追い込まれる方も多いかと思うので、そういう方はシティホテル(高級ホテル)で泊まってみたり、旅館に泊まって「日本」を満喫してマレーシアに出発するのもいいかもしれませんね★

※浅草には高級ホテルと旅館が少ないので、利便性を取って「浅草」で宿泊施設を探す場合、高級ホテルと旅館の選択肢はかなり限られてしまいます。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ジュンパ ラギ★

またね★

コメント

タイトルとURLをコピーしました