マレーシア生活・お仕事のあれこれ★質問に答えます、語ります①

スポンサーリンク

スラマッ マラム★
こんばんは★

今までのブログは写真でお店や美容アイテムを紹介する系がメインで、私の思うこと、考え方などはあまり共有してきませんでしたが、今回とある方面からマレーシアでの仕事や生活についてご質問を受けました!!

以下、Q&A方式でマレーシアでの就職、生活についてのリアルを共有したいと思います★

Q1:マレーシアで働きながら生活したいのですが、英語が話せません。英語が話せなくても仕事があるとテレビやネットでは言われていますが、どのような仕事がありますか?

A1:
英語が話せない場合、仕事はほぼコールセンターのオペレーター一択になります。
英語が話せないとほとんど仕事が選べませんし、何より移住後の生活にも困ります。
「英語は話せないけれど移住したい!」と言う場合、まずはある程度の語学力(英語)を身に着けてからi移住されることをオススメします。
※英語は移住後に・・・という意見もあるかと思いますが、個人的には英語の学習を移住後の後回しにしてしまうのはオススメできません。
また、この辺についての思うところも別の記事でご紹介したいと思います。
 

Q2:マレーシアでの住居探しはどうすればいいですか?現地まで見に行った方がいいですか?

A2:
まず、不動産サイトで物件探しをした後、現地に実際の建物、部屋を見に行くのが基本になります。
不動さんサイトはこちらのipropertyが最も有名で使いやすいと思います。
不動産サイトだけで決めることは、治安や生活の便(周りにスーパーや病院があるかなど)が分かりにくくオススメできません。
マレーシアは日本と違って、歩道の整備が行き届いていませんので、グーグルマップなど地図上で見ると歩けそうに見える距離でも、歩道がなく、車道(しかも日本でいう国道のような大きな車道上)を歩かなければならないルートが出てきたり、実際には歩けない状況であることも多々ありますので、必ず、現地を見に行ってから物件を決めた方がいいです。
ショッピングモールも場所によっては廃墟モールと化しているものも見受けられますので、ショッピングモール直結のコンドミニアムもよくありますが、モールが機能していない(8割が空き店舗)などもありますので、その点でも現地を確認する必要があります。

Q3:健康保険はマレーシアではどうすればいいですか?

A3:
私も旦那もそれぞれの会社が医療保険に加入させてくれているので、それを利用しています。
旦那は会社の保険のみですが、私はもともと病気をしやすかったり、おっちょこちょいでケガが多かったりするので、プラスアルファ個人加入の保険にも入っています。
Alilantz、AIA,Prudentialの3社の担当者と面談(英語)し、補償内容と掛け金のバランスが1番良かったAIA
に加入しています。
掛け金は私の年齢、プランだと年間約RM630(約16,000円)程度でいわゆる日本の民間の医療保険と同じような入院や手術に備えた保険に加入できました。

 

Q4:移住するときに、日本にいる間に整理・確認した方がよいことはありますか?

A4:
移住者の年齢や家族形態、個々人の状況にもよりますが、移住者の多い30代から40代の全ての人に言
えるのは、「ご両親の介護をどうするか」だと思います。

ある程度の年数以上(5年以上)マレーシアに滞在されていた方の主な帰国理由はお子様の教育or親の介護だと感じています。

両親に何かあったら面倒を見れる兄弟はいるのか、両親がお金ですべて解決できるような資産があるのか、また両親に何かあったとき自分はどう動くのか、両親はどう動いてほしいと思っているのか・・・などなど家族と相談しておいたり、自分の動き方を考えておくとよいと思います。

 

Q5:転職活動を始めてから仕事が決まるまでにどれくらい時間がかかりますか?

A5:
自分や周りの知人などの状況も踏まえると、平均して3か月くらいかかるかなと思います。
しかし、スキルがある人(語学力+法律の知識、会計の知識、専門領域での実務経験など)は求人を選べる立場にあるので、3か月より時間がかかるかも知れません。
逆にスキルがない人、特に語学力不問の求人を探している人に関しては、応募できる求人がほぼコールセンターに限られ、常に求人が出ているので、早期に移住開始が可能だと思います。

・・・いかがだったでしょうか?「

現在すでにマレーシアに住まれている方、移住を考えている方、転職を考えている方・・・などなど参考になればなと思います。

他にも語学学習のやり方だったり、転職の面接がどんな風だったかなどの質問も受けたのですが、また別の記事でご紹介したいと思います★

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を気に入ってくださった方は是非、読者登録してくださると嬉しいです♡

ジュンパ ラギ★
またね★

コメント

タイトルとURLをコピーしました