スポンサーリンク

ボロブドゥール遺跡周辺でオススメのカフェ★Pawon Luwak Coffee

スラマッ パギ!!
おはようございます!!

本日もインドネシア・ボロブドゥール遺跡旅行に関する記事です★

宿泊したホテルの従業員さんもドライバーさんもオススメしていたカフェがこちら。

Pawon Luwak Coffee(パオン ルアク コーヒー)さんです。

ジョグジャカルタの観光スポットの1つ・パオン寺院のすぐ目の前にあります。

こちらのパウォンルアクコーヒーさんでは、インドネシアに来たら是非味わいたい名産品の1つ「ジャコウネコ・コーヒー(コピ・ルアク)」を提供されています。

コピ・ルアクとは、簡単に言うと、ジャコウネコの糞からできたコーヒーです。

ンドネシアでは、野生のジャコウネコがコーヒーの果実を食べることがありますが、コーヒー豆(種子)の部分は、消化されずに糞となってそのまま体外に排出されます。
この糞となって出てきたコーヒー豆を綺麗に洗い、乾燥させて焙煎したものが「コピ・ルアック」となります。

ジャコウネコの腸内に存在する消化酵素の働きや腸内細菌による発行の働きでコーヒーに独特の香味が加わりり、特徴的な味わいを持っています。

「ジャコウネコの糞」から取れるコーヒーであり、生産量に限界があって、希少性をもつことから、高値で取引される傾向にあり、一般的に高級品とされています。

このコピルアックですが、観光地では量産された鮮度やそもそもの豆の品質が低いものが売られていることも多いのですが、こちらのパオン・ルアック・コーヒーさんでは、敷地内でジャコウネコを育てていらっしゃり、乾燥や焙煎もカフェの敷地内で行われているので、とても鮮度の高いコピ・ルアクが味わえることが特徴です。

ジャコウネコ、予想以上に可愛い・・・♡

コーヒーツリーを初めて見ました!!

コピルアク、製造中。。。

カフェの雰囲気はこんな感じです。
ジャコウネコやコーヒーツリーを眺めながら、コピルアクを楽しむことができます。
こちらのテラス席だけでなく、店内にも席がありました。

気になるコピルアクのお値段ですが、ロブスタとアラビカで値段が分かれており、この日はロブスタは日本円で1杯約400円、アラビカは1杯600円でした。

ここジョグジャカルタでの物価を考えると、かなり高い!!ですが、安いコピルアクは美味しくなかったり、偽物だったりすることもあるようですので、逆にこのくらいの値段以下だと期待できないかなと個人的には思ったりします。

この日は私たちはロブスタをチョイス★
お味は当然美味しい!!

コーヒー自体が高級というより、その希少性で値段が上がっているだけでは・・・?と来る前は思っていたりしたのですが、ここは文句なしに美味しかったです!!

香りもよく、美味しいコーヒーが旅の疲れを癒してくれました。

ちょっとお高いですが、お土産用のコーヒーも200g(豆or挽いた状態)で日本円で約2000円で販売されていましたので、コーヒー好きの知人へのお土産にしたり、自宅でゆっくり味わうのも良さそうですね★

近頃は観光客向けに「コピルアク」が大きく広まり、コピルアクも玉石混交の状態になってきましたので、美味しいコピ・ルアクが味わえるカフェを見つけられたことは大発見でした!!

ボロブドゥール遺跡からもお散歩がてら20分ほど歩いていくこともできます(私たちは歩きましたが、歩道なども問題なしでした)し、タクシーやグラブで5分程度でサクッと行くこともできます。

珈琲好きの方は必見のスポットだと思いますので、是非是非行ってみてください★

私も大のコーヒー好きなので、行かれた方はコメント欄で感想など共有して頂けると嬉しいです★

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ジュンパ ラギ★
またね★

コメント

タイトルとURLをコピーしました