スポンサーリンク

マレーシアの年金・EPFに加入しよう①

スラマッ パギ!!
おはようございます!!

今日から2回に分けて、マレーシアの年金「EPF」への加入について、お伝えしたいと思います★

私は現在、EPFに加入しており、加入の際に用意した書類、役所での手続きの流れなど、マレーシア在住の人にとっては耳寄りな情報を把握できました★
気になる方も多いかと思いますので、丁寧にお伝えするようにしますね★

・・・の前に、まず、「EPFって何?」っていうところからですが、EPFとはEmpoyee’s Provident Fund‘(マレー語ではKumpulan Wang Simpanan Pekerja)の略で日本語で言うと「従業員積立基金」となります。

マレーシアの年金制度、「EPF」は、本人の給与から天引きで積み立てたものが、本人の定年退職時に利息がプラスαされて、払い戻されるという内容になっており、現役世代が払った保険料を高齢者に給付する世代間での支え合いの方式を取っている日本と異なっています。

個人的にはこの自分の老後は自分で面倒を見るスタイルのマレーシアの年金の方が納得感があるような・・・って思ったりです。。。

このEPF制度、雇用されているマレーシア人は加入が必須となっており、雇用主の会社が基本給の13%(基本給がRM5,000以上の場合は12%)、本人が基本給の11%をEPFに積み立てることになっています。

EPFの利率ですが、銀行の定期預金の利率が3%~4%程度であるのに対し、5%~6%という高い利率が複利でつきます。(年によって利率は変化し、2018年はここ20年でもっとも高い6.9%という高利率が付くこととなりました。)

これは、マレーシアで働いているなら加入するっきゃない!!

でも「外国人(日本人)も加入OKなの?」という疑問があるかと思いますが、
このEPF制度、外国人(日本人)も任意で加入することができます

しかし、外国人労働者の場合、本人(被雇用者)の積立額が基本給の11%である点はマレーシア人の場合と同じなのですが、雇用主(会社)の負担額が、最低RM5~と、マレーシア人である場合と比べると、かなり低額になります。

ていうか、月RM5(日本円で約130円)って・・・最初見たとき、5%の見間違いかと思いました。。。

しかし、残念ながら、月5%ではなく、月RM5(約130円)が雇い主側(会社)の負担額の最低額となります。

外国人(労働者)の場合、定年退職時でなくても、帰国するときに全額(元本+利子)を受け取ることができるので、仮に会社が月RM5しか負担してくれなかったとしても、利率の良い貯金をするつもりで加入することをオススメします。

会社がいくら負担してくれるかは会社によりけりなので、お勤めの会社に確認が必要ですが、もしマレーシア人と同様、基本給の12%or13%負担してくれたら、単純にお給料が1割増しになるのと同じになります。

これは是非、会社にEPFに加入したい!!と言うしかないですね★

ちなみに、会社がもしEPFへの加入を認めてくれなかったとしても、あくまでも外国人は「任意」で加入ができる=「会社が加入を認めるかどうかは自由」という内容なので、加入が認められない場合もあります。悪しからず。。。

私は会社がEPFに加入させてくれているので、感謝しなければですね。

皆さんの会社もEPFへの加入を認めてくれることをお祈りしています・・・!!

次回は、いよいよ加入するにあたって必要な書類や書き方などをご紹介していきますね。
↓↓↓アップロードしました♡

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ジュンパ ラギ★
またね★

コメント

タイトルとURLをコピーしました