スポンサーリンク

病院に行きました~内科編~

スラマッ トゥンガハリ★
こんにちは★

今回、体調を崩し、マレーシアに移住して初・内科にお世話になりましたので、お世話になった内科を紹介したいと思います。

今回お世話になったのはこちら。
「KLINIK Desa Sri Hartamas」さんです。

クアラルンプールの日本人街・モントキアラからも徒歩圏内・デサスリハタマスにあります。
前回の眼科同様、マレーシアで一般的なクリニック(町医者)です。

営業時間・診療内容はこちら。


平日(月曜~金曜)が朝8時から夜10時まで、休日(土日)が朝9時から夜9時までとなっています。

先日眼科に行った時も思いましたが、マレーシアの病院は夜間の診療時間が長く、土日も終日診療してもらえるので、働く人が病院に行きやすい環境だなと思いました。

健康診断や血液検査、x線の撮影もこちらでできますので、調子が悪くなくても、定期的に通って、自分の健康状態を確認しても良さそうです。

「デング検査(デング熱かどうかの検査と思われます)」とあるのが、東南アジアらしいな・・・とか思ってしまいました。

病院に入ると、簡単にどのような症状で来たのか聞かれますので、「熱がある」「のどが痛い」
など症状を伝えます。
また、初回の場合は、日本の病院と同様、名前や住所、電話番号などを書く問診票のようなカードも渡されましたので、そちらに記入し、待ちます。

待合い室はこんな感じです。

とても清潔感があって、きれいです。

マレーシアの病院ってどうなの?!と心配に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらの待合室の写真を見て、少し安心していただけたのではないでしょうか?

日本の町医者は結構古い建物が多い気がするので、日本の病院よりきれいな気がしました。

5分ほどで名前を呼ばれ、診察室へ。
今回、診察室の写真撮影は控えましたが、こちらも待合い同様、日本の病院よりきれいなのでは?!というくらい、とてもきれいな診察室でした。

日本の病院同様、先生に症状を伝え、体温を測り(耳たぶで数秒で測れるものでした)、聴診器で脈拍を聞いてもらったり、ベッドに寝て、お腹を触られたりします。

今回は熱があるということで、病院に行ったのですが、先生の方からも「吐き気はないか?」「のどの痛みや鼻水はないか?」「妊娠の可能性はないか?」など聞かれました。

熱がある=I have a fever
悪寒がする=I have a chill
吐き気がする/嘔吐した=I’m nauseted/I vomited
下痢している=I have diarrhea
鼻水が出る=I have runny nose
喉が痛い=I have a sore throat
※私は英語はまだまだ修行中のため、文法の正確さ、ニュアンスの正確さを求められる方は他で調べられることをオススメします。

正直なところ、病院では英語が話せなくても身振り手振りで通じてしまう部分が多い(お腹が痛ければお腹を押さえるなど)ので、あまりかっちり勉強する必要はないかなと思いますが、上記で紹介したくらいの簡単な英語だけでも覚えておくと、病院に行ったときにスムーズに診察が進むかなと思います。

今回のお医者様も眼科のときと同様、女医さんでした。
なので、女性の方も抵抗感が少なく診てもらえるのではないかなと思います★

ちなみに、マレーシアには通常の有給(Annual Leave)とは別にメディカルリーブ(体調が悪くなった時、病院に行くための有給休暇)がありますが、メディカルリーブを取る場合のMC(Medical Certificate)という証明書類が必要になりますので、メディカルリーブを取得する場合は先生に「MCが欲しい」ということも忘れずに伝えましょうね。

今回は、熱もさほど高くなかったのと、その他目立った症状がなかったので、しばらく様子を見てください、3日たっても熱が下がらなければ、もう一度来てくださいとのことで、診察は終了しました。

お会計もものの5分もたたないうちに終わり、薬もその場で渡されました。

今回の診察費は薬代込みでRM44(日本円で約1200円)、一般的にマレーシアの私立のクリニックでの内科の一般的な診察は薬代込みでRM50~と言われているので、少し安めでした。

今回処方された薬がこちら。

解熱剤(痛み止め、熱を下げる)とAnti histamine=抗ヒスタミン薬(鼻水などのアレルギー症状を抑える)の2種類をもらいました。
(今回、熱があるというのとプラスして、鼻水が出ると伝えたので、抗ヒスタミン薬も処方されたのだと思います。)

まぁ、ようは軽い熱なので、何か病気ってわけではなく、とりあえず熱が下がるまで安静にしててねって感じでしょうかね。

とりあえず、しばらく安静にして休んでいようと思います。

今回の記事に出てきた眼科の紹介はこちらです★

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ジュンパ ラギ★
またね★

コメント

タイトルとURLをコピーしました