スポンサーリンク

日焼けは気にしない?!常夏の国・マレーシアの日焼け止め事情①

今日のテーマは女性なら気になる「マレーシアでの日焼止め事情」についてです。

日焼け止めは現地購入?日本から持ってくるべき?

個人的には、できれば日焼止めは日本で買ってたくさん持ってくるくることをオススメします。

マレーシアにも日焼け止めは売っており、旅行中や移住後、現地で買うこともできます。

しかし、マレーシアの日焼け止めは値段が高くて種類が少ないのです。。

マレーシアの日焼け止めー価格ー

マレーシアの物価は全体的にみると、日本より安いです。

「日焼止めもマレーシアで買った方が安いのでは?」と感じている人もいらっしゃることと思います。

しかし、例えば海外ブランドの「バナナ・ボート」の日焼け止めで、RM30~40(日本円で約750円~1000円)くらいします。

容量も50ml程度なので、たくさん入っているわけでもありません。

日本では、メンソレータムなど安い日焼け止めは198円くらいで買えたりしますが、マレーシアの日焼け止めは最低RM30(約750円)といった感じです。

マレーシアの日焼け止めー種類ー

日本のドラッグストアやスーパーでは、夏場、日焼け止めクリームに相当なスペースが割かれていると思いますが、マレーシアではまず、日焼け止めクリームのコーナーがとても狭いです。

選べる種類がとても限られています

特に、日本でよく見るジェルタイプのようなさらっとした使用感のものが少ないです。
肌が弱い方などは、自分に合う日焼け止めを見つけるのが難しいかもしれません。

まとめ

マレーシアの女性はあんまり日焼けにとって日焼け止めは重要ではないのかな・・・??と感じたりしました。

ちなみに、マレーシアでもニベアやビオレ、アネッサといった日本の日焼け止めは購入可能です。

しかし割高なので、日本から持ってこられるのであれば、持ってきた方が無難かなと思います。

具体的にどのような日焼け止めが売られているのか、マレーシアの日焼け止めの使用感のレビュー(今回ビオレの日焼け止めを購入しました)なども次回以降の記事で紹介していきたいと思います。

追記:マレーシアで売られている日焼け止めの種類や価格、使用感レビュー

使用感についてはこちらの記事で紹介しています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ジュンパ ラギ!
またね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました