ユニゾイン浅草・宿泊記

スポンサーリンク

さて、マレーシア移住にあたって、シングルエントリービザ取得のため、地方在住の私はマレーシア移住前にはるばる東京にやってきたわけですが、その際に泊まった宿がこちら。

ユニゾイン浅草です。

マレーシア大使館に用がある場合、こちらが便利だったので、チョイスしたのですが、その理由や利便性はこちらの記事で触れていますので、今回はホテルのお部屋紹介をしたいと思います。

まず、お値段について、こちらは3日前と超直前に予約しましたが、6,100円(税込)で宿泊できました!

最近、東京の宿はとても高く、ビジネスホテルでもちょっと綺麗なところだと、平気で1万円を超えてくるので、大変ありがたかったです。

お部屋はこんな感じです。

これで結構写真映り、いいかもしれません。笑

写真には至って普通のビジネスホテルのように写っていますが、結構古めかしいビジネスホテルでした。

シングルで予約していたのですが、ホテル側の計らいで、無料でダブルにグレードアップしてもらえました。

写真が少しボケしまいましたが、こちらがホテルのバスルーム。一見、いたって普通のビジネスホテルのバスルームに見えますが、よく見ると結構経年劣化が目立ちます。

タイルにひび割れや汚れがあったり

天井の換気扇の部分もカビが目立ちます。

バスタブの部分もうっすら黒ずみ(おそらくカビ)がありました。

アメニティはこんな感じで歯ブラシやかみそり、綿棒ヘアブラシが一通りセットされていました。
こちらは清潔感がありました。

私は使いませんでしたが、パジャマはこのようなワンピースタイプでした。
セパレートタイプじゃないとやっぱり寝にくいんですよねー。

3日前の超直前の予約で東京23区内で1泊6100円(税込)と格安だったので、あまり期待はしていませんでしたが、それでも思ったより設備の老朽化が目立ちました。

個人的には、もう2、3000円プラスして、もう少し清潔感のある設備に宿泊できると嬉しいかな・・・という気はしました。

しかし、今回はマレーシア大使館+羽田空港のどちらにもアクセスがいい立地でホテルを探していたので、そこで浅草という便利な立地+直前予約でも格安な価格はとてもありがたかったです。

ホテルの方の対応なども良かったので、今後に期待したいなと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました