マレーシア航空搭乗記★関空→クアラルンプール

スポンサーリンク

こんにちは★

今回、マレーシア航空を利用して、関西国際空港→クアラルンプール国際空港まで行ってきました★

ということで、その際の座席&機内食を紹介したいと思います。

座席はこんな感じです★

今回、エコノミークラスの1番前、最前列(私より前はビジネスクラス)という座席で、前の座席がなかったので、足元はかなり広々としていて、余裕がありました。

また、3列シートでしたが、隣の方がおらず、真ん中が開いている状態だったので、よりゆったりできたように思います。

お次は機内食★

2018年12月の時点の時刻表で、関空(KIX)AM9:55発クアラルンプール(KUL)PM3:55着での搭乗で、ランチが機内食になる感じです。

離陸して、安定飛行に入ったら、すぐに提供されたので、定刻通りの飛行で10時半から11時くらいに出てくる感じ、遅めの朝ごはんと言った方が正しいかもしれませんね。

私は和食のチキンをチョイスしました。
三色丼におそば、和風の煮物とフルーツでした。

煮物は味が上品な薄味で個人的には好みでした。
お蕎麦は、固まってるかな・・・と思いきや、意外とほぐれやすくて、機内食のお蕎麦にしてはクオリティは悪くなかったと思います。

三色丼は、まぁ・・・悪くはないって感じでしたが、あんまり美味しくはなかったです(>_<)
まぁ、所詮はエコノミークラス、無料で着いてくる機内食と思えば、納得できる味かなという感じでしたね。。。

デザートはスーパーカップ、到着の2時間前くらいにマフィンの軽食も出てきました。

スーパーカップはそのまんま、スーパーカップの味、マフィンはしっとり、どっしりという感じではなく、あっさりしていて食べやすかったです。(パサパサなどではなかったので、ご安心を!)

でも個人的には、ギャレーに置いてあった、ナッツ(ピーナッツ)の方が好みでしたね。

今回、さほど機内食に期待して乗ったわけではなかったので、まぁ思った通り普通の機内食かなって感じの感想ですが、期待して乗ると、ややがっかりかもしれません。

ガルーダ・インドネシア航空よりは美味しいかもしれません(笑)

東南アジア系の航空会社だと、個人的にはタイ国際航空が美味しいかなと思いました。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました